引越し手続きの市役所関係やその他するべき事の注意点!順番はこうすれば大丈夫!

引越し手続きっていろいろあるみたいだけど、実際に何をすればいいかはあまりよくわかりませんよね。

一番重要なのが市役所関係。それをまず片付けるとしてその他にもやらなけれいけない手続きを段取りよくやってしまいましょう。

そうでなくても忙しい引越し時期、効率のよい順番が大切です。

スポンサードリンク

引越し手続きで市役所や区役所で必ずしておかなければいけない事は?

引越し準備で忙しいのにもう一つやらなければいけない必須事項が
諸々の手続き関係。

最重要は市役所や区役所での手続きです。

期限が定められているものもあるので、
きちんと把握してスケジュールに組み込んでおきましょう。

【転出届】

引越し先が現在と異なる市区町村からの引越しの場合は、
現在住んでいる役所に行って『転出証明書』を発行してもらいます。
役所に置いてある転出届を記入して提出すればOK。

転出証明書は引越し後の転入手続きで必要なので、
大切に保管しておきましょう。
この手続きを忘れると引越し先での転入手続きができません。

引越しする日の14日前から手続き可能です。

○必要なもの

・本人確認書類 ・国民健康保険証(高齢者医療受給者証、乳幼児医療証) ・印鑑

また小中学生のお子さんがいる場合は
この時に『転退学通知書』ももらっておきましょう。

マイナンバーカードや住民基本台帳カードを持っている人は、
引越し前に住んでいる役所に転出届け郵送することで
転入先での手続きは転出証明書なしで行う事ができます。
※転出届は各役所のHPでダウンロードできます。

【転居届】

こちらは同じ市区町村内での引越しをする場合に必要な届け出。
引越ししてから14日以内に役所で記入して提出しましょう。

【転入届】

他の市区町村から引越してきた時に行う手続きで、
転出時に交付された『転出証明書』と一緒に提出します。
引越した日から14日以内と定められています。

【国民健康保険】

引越しの際、国民健康保険の手続きを自分で行わなければならないのは、
「第一号被保険者」にあたる主に自営業や農業漁業従事者の人になります。

『資格喪失手続き』
転出届と一緒に国民健康保険のを済ませましょう。

○必要な物

・国民健康保険証(家族全員分) ・身分証明書 ・高齢受給者証(持っている場合) ・印鑑

『加入手続き』
違う市区町村から引越した場合、
引越した日から14日以内に転入届と一緒に済ませましょう。

○必要な物

・身分証明書 ・転出証明書 ・印鑑

尚、同じ市区町村内の引越しの場合は「転居届」の手続きをする際に、
国民健康保険の住所変更もする必要があります。

○必要な物

・国民健康保険 ・印鑑

また、健康保険や厚生年金に加入している人は勤務している事業主に、
「第3号被保険者」の人は配偶者の事業主に「被保険者住所変更届」を
提出するだけで構いません。
会社に引越しで住所が変わった事を伝えれば指示してもらえます。

【印鑑登録】

異なる市区町村への引越しは旧住所での印鑑登録を末梢しなければいけません。
その後引越し先で登録し新しい『印鑑登録証』が発行されます。

同一市区町村への引越しの場合は転居届を出した際に
印鑑登録上の住所も変更されますので何もしなくて大丈夫です。

『廃止届』

転出届の手続きの時に『印鑑登録証』を返却し、
登録抹消をしてもらいます。

自治体によって、転出届の手続きをする事で登録抹消される場合もあります。

○必要な物

・印鑑登録証 ・身分証明書 ・認印

『印鑑登録』

引越し先の市区町村で新たに印鑑登録をしなくてはいけませんので、
転入手続きの際に一緒に済ませましょう。

○必要な物

・実印にする印鑑 ・身分証明書

手続きは代理人でも可能な事がほとんどですが、
上記記載の手続き方法や必要な物なども含め
各自治体によって異なる事がありますので、
行く前に必ず電話などで確認しましょう。

引越し手続き関係の忘れがちなことに注意!

役所でしなくてはいけない事は結構忘れませんが、
その他に忘れがちな手続き関係もしっかり予定しておきましょう。

【インターネット】
解約及び移設手続き、新規契約など

【固定電話】
解約及び移設手続き、新規契約など

【郵便物】
転送手続き

【新聞】
引越しの際に必要な手続きの問い合わせ

【自動車】
・運転免許所の住所変更
・車庫証明の内容変更
・車検証の内容変更
・ナンバープレートの変更
※引越し前と引越し後の陸運局の管轄が異なる場合

【バイク】
・住所変更
※同一市区町村の場合は「転居届」を出すことで
原付バイク所有者の住所も変更されるので手続きをする必要はありません。

・ナンバープレートの変更
※軽二輪バイク(126cc~250cc)・小型二輪バイク(251cc以上)で、
引越し前と引越し後の陸運局の管轄が異なる場合

【電気・ガス・水道】
旧住所での使用終了日及び新住所での使用開始日の連絡・手続き

【保険・銀行・クレジットカード・携帯電話】
住所変更

【犬】
登録変更手続き
※他の市区町村への引越しの場合役所で登録のし直しが必要

【宅配業者】
クロネコヤマト宅急便や佐川急便などに転送の連絡

○子供関係

【児童手当】

・引越し前の役所での受給事由消滅届の提出
・引越し先の役所での認定申請

【小・中学校】

・引越し前の転校手続き
・引越し後の転入手続き

スポンサードリンク

引越し手続きをスムーズに済ませる順番

引越し手続きはできるだけ無駄なくスムーズに済ませたいですよね。

その為には同じ役所関係は一度にまとめて済ませるのはもちろん、
順番を決めておいて計画通りに進めるようにしましょう。

〇引越し前

まず連絡したいのが
・インターネット
・固定電話

次に役所関係を一気に
・『転出届』提出
・国民健康保険『資格喪失手続き』
・印鑑登録『廃止届』提出
・児童手当『受給事由消滅届』提出※児童手当を受給している場合
・『転退学通知書』の交付※小中学校の子供がいる場合
・原付バイク『廃車証明書』の交付

役所関係が片付いたら
・新聞
・郵便物転送手続き
・電気、ガス、水道の手続き

できれば引越し前にしておくとよいですが、
引越し後でもなんとかなります。
・保険・銀行・クレジットカード・携帯電話の住所変更

○引越し後

<役所関係>
※期日が決まっているものがあるので、
全て14日以内に一度に済ませてしまいましょう。
・『転入届』の提出
・『転居届』の提出※同じ市区町村内での引越しの場合
・国民健康保険の加入
・印鑑登録手続き
・児童手当認定申請※児童手当受給者のみ
・犬の登録変更※飼い犬がいる場合

自動車・バイク関係(原付は役所にて手続き)
※こちらも引越し後15日以内と定められていますので、
早めにまとめて片付けてしまいましょう。

<警察署>
運転免許所、車庫証明の変更手続き

<陸運局>
車検証、ナンバープレートの変更
※ナンバープレートは陸運局の管轄が変わった場合のみ

その他
・宅配業者への転送依頼
・転居報告のはがき郵送

まとめ

たくさんあるややこしい手続き諸々ですが、
わからない事があれば役所に問い合わせる事が一番です。

私的な住所変更は後々転送されてきたものを
順次変更していくと言う方法でもなんとかなりますので、
重要な役所関係や車のめんどくさい手続きを
忘れないうちに片付けてしまいましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする