引越し準備は赤ちゃんがいると大変!当日子供はどうする?いるものもリストアップ!

赤ちゃんがいる時の引越しは大人だけの時とは違って
やっぱり何かと大変です。

不安もたくさんあると思いますが少しでも解消できるように、
またちょっとしたコツを実践してもらって要領よくできるように
役立つ情報をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

引越し準備 赤ちゃんがいる時のコツは?

まず大変なのが荷造り。

赤ちゃんがいるとなかなか荷造りする時間もとれませんし、
始めたと思っても赤ちゃんがいるとじゃまがいっぱい入りますね。

こればっかりは仕方ありませんが、
この時期は休みたいのをがまんして赤ちゃんが寝たらとにかく荷造り!

もし数時間でも預けられるなら引越しの時は特別です。
思い切ってお願いしましょう。
進み方が全然違ってきますよ。

順番としては普段使っていないシーズンオフの洋服だったり、
押し入れにしまい込んでいるもの、
読んでいないけど捨てられない本などをまず箱詰めしていきましょう。

この時使っていないもの、今後使いそうでないものはどんどん処分。

処分する事も大変ですが荷物を持って行ってからだと引越し自体も大変ですし、
荷解きも余計な荷物があるとなかなか進みませんし、
どんどんぐちゃぐちゃになっていく新居にほとほと嫌になって疲れ果てます(体験談)。

また処分の方法も新しい自治体だと異なる事もあるので、
それを調べたりいろいろと大変な事が多いので、
できる限り引越し前の荷造りの段階での処分を心がけましょう。

また荷造りもただ箱に詰めていくのではなく、
荷物の搬入時やその後の荷解きの時に少しでも負担を減らす方法をおすすめします。

まず手書きでもいいので新居の簡単な間取り図を準備します。
そして各部屋に番号を振っておきます
荷造りの際はその箱をどの部屋に入れるのかをイメージし、
箱にその部屋の番号を大きく記入しておきます。

当たり前ですが荷造りした箱には内容物を書きますよね。
それも大事ですが、この番号も本当に役立ちます。

引越し当日に業者の人に番号を振った間取り図を渡して、
箱に書いてある番号の部屋に搬入してもらうのです。

そうすればもし当日新居に居られなくても、
赤ちゃんがぐずったり他の用事で引越し業者の人に指示を出せなくても
きちんと行くべき部屋に入れてもらうことができるので、
荷造りの時に多少面倒と感じてもやっておく方がいいでしょう。

体験談ですが、
我が家はそれを怠ったために後々大変な事になりました。
一気に何人もの人がどんどん荷物を持って入ってくるので
どこへ入れますかと聞かれても段々対応が間に合わなくなってきて、
エアコンの取り付けも重なってその対応をしている間にも
どんどん運び込まれて気がつけば
「とりあえずわからない荷物はここへ」と言ってしまった一部屋が
なんとか人が一人通れる通路を一本作っただけの
積み上げられた箱でいっぱいの部屋になってしまいました。

あれを見た時は本当に青ざめましたね。。。

これを全部自分達(主人は翌日から仕事だったのでほぼ自分ひとり)で
各部屋に振り分け荷ほどきをしていかなくてはいけないのか、、、と。

そして想像を絶する大変さ。
いざ何か必要になっても何列にもびっしり並んだ箱から到底探し出す事はできず、
最悪でした。

ですので皆さんには絶対にできるだけ引越し前に
新居での搬入先のシュミレーションをして部屋の番号分けをすることを
強~くおすすめいたします!

また引越し後新居ですぐ使うものはわかるように
箱に明記しておくことはもちろんですが、
ガムテープの色を変えることもとてもわかりやすくておすすめ。
箱に書いているだけだと全面に書いておかないと見えないこともあるので、
ガムテープの色で更に見分けやすくしておくと便利です。

スポンサードリンク

引っ越し当日は子供はどうする?

さて引越し当日ですが、
荷造りの段階でしっかり部屋ごとに番号を振っていればかなり忙しさは軽減されます。

気にしなければいけないのは子供をどうするか。

やっぱり荷物の搬出時、搬入時は何人もの人が重い荷物を持って出たり入ったり、
みんな急ぎ足ですし何かと危険はあります。

子供が二人以上ならなおさらママ一人では対応できずに、
子供を危険にさらしてしまう可能性も!

そして引越し当日は窓や扉を開けっ放しの状態で作業をしますので、
気候の良い季節でなければ寒かったり暑かったり
とても過酷な状況になることもあります。

また荷物搬出時は特に埃が立ちますので
喘息などアレルギーを持っている場合は要注意!
そうでなくてもやはり子供の体には負担になりますし、
これがきっかけで喘息になってしまうこともないとはいえないので、
可能な限り誰かに預けるようにする方がいいです。

それが無理な場合でも子供を現場から遠ざける方法はあります。
・車が二台あるなど夫婦で分かれての移動がかのうなら、先に新居に入っておく
・車があるのなら車中でDVDを見るなどして待機
・ドライブや公園に行っておく
・車がなくても近くに公園やスーパーなどで待機

どうしても外に出られない場合は、
ママと子供が待機する部屋の荷物の搬出は
最後にしてもらうようにすればいいでしょう。

搬入時もできれば全部業者の人とパパに任せる事が望ましいですね。

その為には引越し前にしっかりと夫婦で話しておく必要があります。
・大型家具であるソファ、ダイニングテーブル、棚類、冷蔵庫などの配置場所について
・捨てるものがあればそれらを把握しておくこと
・引越し業者へ指示することの確認
・当日は一切子どもとママは引越し作業に関わらないとお互いに認識しておくこと

こういった確認を夫婦でしておかないと、
当日になってトラブルや喧嘩のもとになります。
スムーズに引越しを済ませる為にも忘れずに話す時間をとっておくことが大切。

そして搬入時はやっぱり何かと奥さんでないとわからない事もあり、
ママは子供と一緒に新居で対応することになる場合もあります。

そんな場合は、比較的荷物が少ない部屋や広いリビングの一角に待機しておきましょう。
可能であれば待機する部屋への搬入は最後にしてもらうと良いですね。

引越し当日子供の身の回りの世話でいるものをまとめておこう!

引越し当日はバタバタしていろんなものが
「あれどこだっけ?」
「あっ箱詰めしちゃった!!」の連続。

子供関係は特にないと困ってしまう事も多いので、
そうならないためにも前もって当日に必要な物はリストアップして
抜かりなく準備しておきましょう。

【子供関係のリスト】

・授乳ケープ
・哺乳瓶や粉ミルクなど
・おむつ、おしりふき
・おむつなどのゴミや汚れものを入れるビニール袋
・着替え
・母子手帳
・普段飲んでいる薬
・お茶など飲み物
・離乳食
・おやつ
・ウエットティッシュやティッシュ

また引越し当日の食事も忘れずに準備しておきましょう。

搬入が終わってもすぐに荷ほどきができるわけではありませんし、
当日は本当に疲れますので無理をして食事を作る必要はありません。

引越し先への移動の際などにお弁当など買っておきましょう。

実際は荷造りが佳境に入ってくるとキッチンツールなども早く梱包したくなります。

引越し2日前くらいからは買ったお弁当でも良いでしょう。

我が家は引越し後私一人で子どもを見ながらの荷ほどきでしたので、
次の週末が来るまではお惣菜やお弁当で過ごしました。

罪悪感を感じるママもいると思いますが、
こういった時こそスーパーのお弁当などを活用すべき時です。
これは一時的な事ですしママが負担を抱え過ぎないように
賢く使えるものは活用して大変な引越しを乗り切りましょう。

まとめ

大人だけでも引越しは本当に大変な作業です。

そして大抵は奥さんが平日いない旦那さまの分まで
がんばらなければいけないでしょう。

そこへまだ小さな子供を抱えてとなると
その負担はかなりのものですので、
可能な限り周囲への助けは求めるようにして下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする