入園準備の名前つけは手書きでOK?スタンプやシール、テプラのデメリットとは?

いよいよ春にはおこさんの入園♪

嬉しいですが、説明会でいろいろ話を聞くと、ママはやる事がいっぱいでちょっと驚きませんでしたか?

入園式の日の為の準備もありますし、園グッズを手作りしたり買いそろえたり。

そして意外とめんどくさいのが園に持っていくすべての物への名前つけ。

他のママはどうしているんでしょうか。

気になりますね。

手書きでいいかと思っていたけど今は名前つけの為のいろんなアイテムがあるので、そういったものを使った方がいいのか迷うのではないでしょうか。

それぞれメリットやデメリットがあるので、うまく自分に合ったものを選びましょう。

スポンサードリンク

入園準備の名前つけは手書きじゃダメ?

入園準備の名前つけ、普通に手書きでいいんじゃない?と私自身はそう思っていました。

でも子供に買っていた幼児向けの本にお名前シールとかいろいろ広告が載っていたので、ふとこういうので普通するのかな?と
不安になってきました^^;

「そもそもそんなに字がきれいじゃないのでみっともない?」

「みんながお名前シールとか使っている中で手書きはかっこ悪い?」

「手書きだと大変かな?」

結局子供がまだいない時からずっと買いたいなと思っていた『テプラ』を購入してかなり活躍してもらいました(^^)

でもですね、テプラで貼ったものも使用頻度が激しいものに関しては一年、二年と使っていると、ちょっとめくれてきたりするんですが、正直またテプラを出して貼り直すこと、殆んどありません。

結局さっとマジックで書きなおす方が早いし簡単なんで、大抵のお母さんは最初にはりきってシールとか作ってもマジックに落ち着くらしいです 笑

パンツやシャツにもタグには絶対マジックで書いちゃいます。

本当にその一枚の為にテプラを出すのがめんどくさいんです。。。

私の性格のせいかもしれませんが、ママはいつも子供に追い立てられ忙しいですからね、ちゃちゃっと要領よく済む方がよくなっちゃうんですね。

見栄えも気になるかと思っていましたが、実際入園すると子供の為に一生懸命作った力作の体操服袋とか注目されるかもとがんばったにも関わらず、誰ともそんな話をする事はありませんし自分の他の子の持ち物がどうとか全く気にしません。

ましてや名前が手書きだ、シールだなんて誰も気にしないですね。。。

でもママは一生懸命子供の事を考えて頭を悩ませてしまうものですが(*^_^*)
結構あっさりしたものですよ。

だから「手書きでもいいのかな、でも、、、、」とお悩みなら時間は少しかかりますが、私は全然手書きで大丈夫!だと思います。

手書きはママの温かみが感じられますし、だんだん文字に触れ出す時に持ち物の名前から意識しますよね。

それがママの書いた文字というのはとっても素敵ですし、子供自身の興味をより惹く事にもつながるのでいいと思いますよ。

大抵のところに書けますからね、便利で見えやすくて先生方もその方が助かるそうですし、手書き派になってみてもいいですね(^^)

入園前の名前つけにスタンプやシールを使うデメリットとは?

手書きじゃなくやっぱりラクにきれいな文字で名前つけをしたいと考えるママもたくさんいます。

そういう場合よく使われるのが

・スタンプ
・お名前シール

それぞれのメリットとデメリットはあります。

【スタンプ】

○メリット

→プラスチックや布にも使える。
→小学校3年生くらいまでと長く使える。
→シャチハタタイプならポンと手軽。

○デメリット

→カーブしているところにきれいにつきにくい。
→慣れるまでコツがいる。
→失敗しても専用の溶解剤がないと消せない。
→布など沁み込むものは消せない。
→素材によっては滲む。
→黒地に押す場合は白のインクも必要。
→インクの管理が必要。
→シールより高い

【シール】

○メリット

→子供向けのイラストを入れられるものもある。
→白地なので文字が見やすい。
→買いやすい価格。

○デメリット

→布など貼れないところが多い。
→オーダーする際にサイズ選びが難しい。
→同じサイズばかり残って使い道がない。

スタンプのデメリットは慣れることでカバーできたり消せない部分はマジックと一緒と考えると、値段はシールよりするものの長期で使えるので使いやすさとあわせて買うメリットは大きいと考えられそうですね。

手軽に済ませたいなら布地はマジックで書くとしてそれ以外はシールでという形でもいいですし、長期で使う事を見越して買うのか、
とりあえず今必要な物だけで大丈夫なのかで判断していくと良さそう。

スポンサードリンク

入園準備の名前つけ以外にも大活躍のテプラのデメリットは?

お名前シールやスタンプがよく名前つけに使われますが、
テプラのような自分で印字するタイプも人気があります。

【テプラ】

○メリット

・名前つけ以外に家庭内での活躍度が高い。
・テープのサイズ次第でいろんなところに使える。
・布にも可能。
・はがれにくいし水にも強い。
・漢字や装飾も可能。

○デメリット

・初期投資が高め。
・布にはアイロンで貼らないといけない。
・テープ購入のコストがかかる。

そうなんです、テプラなら入園準備のお名前つけの他にも小学生になって漢字での名前つけはもちろん、家庭内でいろいろと活躍してくれるんです。

私もずっと欲しかったのはおうちの整理に使いたかったから。

でもそれだけの為に買ってもし結局整理がめんどくさくなって使わなかったら、、、^^;なんて考えるとなかなか買えなかったのですが、入園準備で買ってるママが多いのを聞いてこの時とばかりに買ってしまいました♪

今はマジック派になってしまったので園グッズにはあまり使わなくなりましたが、家の中の棚の中やおもちゃの整理の為のラベリングにはかなり使っています。

テープを黒にしたらおしゃれになりますし、統一感が出てステキ!

すっかりファンになってしまいましたよ。

園グッズの名前つけに使うにはデメリットにもあげましたが布にはアイロンをあてる必要あるのが私にはかなりめんどくさく、一度もやりませんでしたね~。。。

あんまりいろんなテープをそろえ過ぎてもコストもかかりますしね、布には初めからマジックで書きました(^^)

もしお名前つけ以外にも使うなら、テプラは一家に一つあってもいいと思いますよ。

まとめ

今後使える方がいいならテプラ、次にスタンプ。

お手軽にきれいさを求めるならお名前シール。

もっともコストを掛けずに手を掛ける事がきらいでなければマジック。

自分のタイプにあったものが見つかりましたか?

どれにしてもやっぱり手間は掛りますが、快適な園生活になるようにがんばるママの姿はきっと子供たちにしっかり伝わるはず。

大変ですが、がんばってくださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする