引越し見積もり訪問は必要?片付けなきゃダメ?得する交渉術で節約しよう!

引越しが決まったらまずは業者探し。

一括見積もりをネットなどで依頼すると、
一斉に電話が掛ってきて見積もり訪問したいと言われます。

なんだかめんどくさいし、急にうちに来たいと言われても困るし、、、
できれば来てもらわずに済めばいいんだけど、なんて思いますよね。

そこで「実際の見積り訪問はどういう事をするのか」
「来てもらう必要があるのか」
「来てもらう事にしたらどういうことに注意すればいいのか」などとあわせて、
少しでも安くする為の交渉術もお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

引越し見積もりは訪問してもらう必要はあるの?

引越し見積もり交渉
めんどくさく感じる引越し見積もりの訪問。

私も、電話で済ませられないの?と思いました。

実際電話でできないのか聞いてみたところ、
一社はどんな感じの荷物量か聞いてくれましたが、
何人家族か、家電や大型家具は何があるか、
またそのサイズだったり服の量はどれくらいかなどなど、
それを伝えるだけでもかなりの時間が掛りました。

そしてその量も箱が何個くらいになるかも実際自分では判断がつかないですし、
当日大丈夫か心配になってきました。

というのも、見積り訪問に来てもらったら
荷物の量は実際に営業マンが見てリストを作った上で金額を出すので、
当日荷物の量が予想以上に多かったということになっても、
初めの判断が甘かった引越し業者側の責任になるので、
余程の事がない限り追加料金を請求されることはないと言われています。

自分で伝えてだいたいの量を決めてトラックのサイズや台数を決めるとなると、
それで決まった金額が出るので当日乗り切らない荷物があれば
追加料金を支払ってトラックを呼ぶ事になるのです。

こうなるといくらになるか見当がつかなくなってきます。

また見積り訪問に来てもらうことで業者側もできる限りの値引き
顧客を獲得しようとがんばってくれますし、
訪問と電話で比較すると電話での見積もりの方が
最終的な引越し費用は確実に高くなるでしょう。

面倒くさいですが、ここで手間を惜しむと後々の出費に大きな差が出る事になりますし、
結局電話で伝えただけで当日見てみると荷物の量が違うとなると
もう一台トラックを手配するなど時間も手間も掛ってしまうことも。

節約できて引越しもスムーズに進みますので、
出来る限り業者に見積もり訪問
に来てもらいましょう。

ただ見積もり訪問のデメリットもあります。

何社か訪問してもらうことになると思いますが、
そのたびに約1時間くらいはかかるという点と、
よく聞くのが悪質な業者の営業マンだと女性だと
高圧的に契約を強制しようとしたり、
契約するまで居座るようなケース。

私は一人で見積り訪問を受けてそういったトラブルはありませんでしたが、
心配な場合は女性でもいいのでもう一人いてもらうようにするか、
可能であれば男性も一緒に立会いしてもらいましょう。

【訪問見積りのメリット】

・正確な荷物量がわかり、当日の追加料金が発生しにくい。
・段ボールなどのサービスも受けられる事が多い。
・安い価格を提示してもらえる。
・値引き交渉もできる。

【訪問見積りのデメリット】

・各社約一時間ほど見積りに掛る。
・女性一人だと契約を無理に強いられたりする可能性がある。

またインターネットで一括見積もりを申し込んだ途端、
電話がたくさん掛ってきて正直うっとうしいです。

私自身も概算を知りたいだけだったのに
価格を見て全く話にならない業者からの電話も受けなくてはいけなくなり、
家事の途中でひっきりなしの対応に本当にイラッとしました。。。

おすすめは引越し侍
 『一括見積もり』ではなく『料金比較』を選べば
電話は掛ってこないで各社の料金比較ができます。

ゆっくり比較して気になったところ数社を選んで連絡すればいいので、
煩わしさがかなり軽減されます。

ぜひサイトをチェックしてみてくださいね。


引越し見積もりの時は片付けなきゃいけない?

訪問見積もりが決まったら何をしなければいけないのか。

気になるのは散らかった部屋の片づけ。。。

我が家は小さな子供が二人いますので、
夜きれいにしておいても朝になるとあっという間に
どれくらい片づけてない家?といいたくなるほどぐちゃぐちゃになってしまいますし、
実際私が忙しい時は散らかったまま放置している事もあります。

引越し業者が来るときも悩みました。

押し入れの中もある程度は見て荷物の量を確認すると言われましたので、
今更片付けられない状況なのにどうしよう。。。

あちこちありすぎて明日までにどうにかできるわけがない状態でした。

結局最低限の見られたくないものだけ片付けて、来てもらうことにしました。

実際営業マンは一日に10件以上のお客さんの家を訪問していると言われていて、
毎日さまざまな状況を目にしていますので散らかっていようと特別な訳ではないようですね。
大丈夫です、あまり気にする必要はないですよ~

来た時は押し入れは見ましたが、
「ここはちょっと酷いので開けづらいのですが、、、」などと言うと、
「だいたいの量はあちらの部屋と似た感じですか?」と
予測がつく所は見るのを控えてくれるところもありました^^;

クローゼットの中にはたくさんの収納ボックスなどあり、
そこに下着や見られたくないものを押し込みましたが、
当然そんなボックスや引き出しの中身までは見ませんので安心して下さいね。

ただ片付けはそれほど気にする必要はないとは言え、
相当酷い状況で不潔過ぎたり
やっかいな引越しになりそうな雰囲気だと営業に伝わってしまうと、
この仕事を取りたいという気持ちが営業マン自身になくなってしまい、
見積り金額も逆に断られるように高い金額を出してくる事もありますので、
その辺りを頭に入れて最低限の不快な物などは片付けておくようにしましょう。

引越しの際に物が家中に散乱していると営業マンが来た時に荷物が多いと判断され、
見積もり金額も多少高く出されてしまうかもしれないので、
片付いている方がいいとも言われていますが、どうしようもないものは仕方ありません。

明らかに不用品とわかっているものがあるのなら、
ある程度まとめておいて不用品とわかるようにマジックで書いておくなど
しておくと良いでしょう。

後は営業マンが部屋を見た後に見積もり金額を出すためのスペースが必要。
計算機でちょっとはじけば出るような内容ではありません。
荷物のリストや見積り書に細かい内訳などを記入していくので、
せめて用紙を広げて書きものができるスペースを確保しておきましょう。

お茶は出さなくても問題ありませんが、
気になるのであればペットボトルでも構いませんので出してあげましょう。

【訪問見積もりの前にしておきたいこと】

・下着など見られたくないものはクローゼットの引き出しの中など、
開けられないところに片付けておく。

・食べカスや生ごみなど相手の目について気分の良くないものだけでも
片付けておく。

・明らかな不用品はかためておき、不用品とわかるようにしておく。

・見積り書を書くスペースを確保しておく。

スポンサードリンク

引越し見積もり金額を下げるうまい交渉術とは?

引越し業者に訪問見積もりをしてもらう時、
誰でもできれば安くで出してもらいたいですよね。

そこでうまく値段を下げてもらう為の交渉術をご紹介します。

まず見積もりに来てもらう業者選びとその順番がポイントとなります。

業者選びのポイント

〇一括見積もりなどで大手引越し業者3社以上に依頼
〇近距離の引越しであれば地元の中小業者にも一社見積もりを依頼する。

大手である引越し業者にがんばって値下げ競争をしてもらいたい訳ですが、
地元の引越し業者はサービスの点で劣りますが価格は安い事が多いのです。

その価格を盾に大手に交渉することができるので、
近距離であれば地元の業者にも見積もりしてもらいましょう。

大手見積り訪問の順番のポイント

〇初めの業者には一括見積もりで一番安い業者に来てもらう
〇最後にお願いしたいと考えている業者に来てもらう

要は初めの安い業者の価格を引き合いに出して
「A社さんは○○○○〇円で引き受けてくれるそうですが、
それよりがんばってもらえますか?」と言いた感じで交渉します。

注意点は、最後の本命の見積りをしてもらうまでに
他の業者が「今決めてもらえるならこの値段まで下げられます。」と
即決を迫ってきた時に決めてしまわないこと。
せっかくの戦略もぱぁになってしまいます。

断り方としては、
「主人に聞いてみないとわからないので今は結論はどうしても出せない」
「会社の補助もあるので、会社に相談しないといけない」
などと言いましょう。

最終的にそこに決めたいと思ったら電話で
「あの即決価格ならあなたの所が一番安かったので、あの値段でお願いできますか?」と
交渉するといいですね。

また最後に本命の業者が来た時の交渉時のコツをお伝えしておきます。

まず価格を下げてもらえるポイントは

→月末より月初
→土日祝より平日
→平日でも月金より火水木
→午前より午後
→休みが取れないなら日曜午後が狙い目

全ての業者がこのようになるとは限りませんが、
要はお客さんが少ない日や時間帯を選んであげるといいわけです。

これを参考にしてできるだけ安い日を選ぶのですが、
初めから“月初めの水曜、午後便で”と言っても
少し値引きした金額が出てきてしまいます。

そうなると更にそこからの値引き交渉は難しくなります。

極端に言えば初めは月末くらいの土曜日で見積りをお願いしておき、
出てきた金額に対して何段階かに分けて値引きを交渉してみましょう。

先に来ていた業者の方が安ければ
これが一番思いっきり値下げしてもらえる手っ取り早い交渉。
※同じ条件で見積りしておいてもらう必要があります。

そして先の業者より安い金額が出たら、
そこからまだもう少し頑張って値引き交渉しましょう。

一度に言うよりも、まだ高いなぁといった感じでしぶりながら

「もう少し安くする方法はありませんか?」と尋ねてみましょう。

「土曜日じゃなく平日にしたらもう少し下がりますか?」

「午後便にしたらどうですか?」

などと強引にならないように気をつけながら
少しずつ聞いてみましょう。

相手も人間ですので、気持ちよく取引ができるよう
感じ良い言い方を心がけましょうね。

有効な言い方としては、以下のような感じがおすすめ。

⇒「本当はサービスや安心感で御社にお願いしたいけれど、
価格の面で他社の方が安いのでどうしようか迷っているんです。
もう少しなんとかなりませんか?」

⇒「他社さんがここまでがんばってくれてるので迷ってるのですが、
今回来て頂いた中で一番お願いしたいと思えたので
ここまで下げて頂けたら即決させてもらえます。」

⇒このように交渉して値段を下げてもらえる事がほとんどですが、
繁忙期である3、4月や9月などはトラックが足りなくなるほど
引越しが殺到しますので、その時の値引き交渉は難しいのが現実です。

ただこの時期はどんどん埋まっていくため
営業マンも駆け引きをする必要もありません。
ですのでその場で決まって欲しい底値を出してきます。

少しでも安くしたい場合は、
まだ空きがたくさんある早い段階での予約が必須。

繁忙期でも日によって値段の差はあります。
少しでもやすい月の上旬や日曜の午後便を選ぶことができるように、
引越しが決まればすぐに一括見積もりをしてみましょう。

もし値引きが望めそうにない場合は、
以下のようにサービスしてもらえないか交渉してみるといいしょう。

○無料ダンボールの数を増やしてもらう
○テレビの配線やエアコン電気工事
○大型不用品処分
○荷物の殺虫サービス

まとめ

ちょっと億劫な見積もり訪問ですが、
やはり費用を節約するために、
また引越し当日のトラブルと避けるためにも必要不可欠と言えます。

片付けについては、お客さまを迎える時のように気にする必要はありません。
最低限人が気持ち悪いと感じないようにだけすれば、
散らかっていても時に気にされることはないので安心して下さいね。

また、早めの行動が無駄なくスムーズな引越しとなる鍵となります。
ハードルが少し下がったところで、
早速見積もり依頼をしてみましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする