卒園式の鞄の色と靴は黒がいいの?それならストッキングも黒??

卒園式の服はなんとか決まったけれど、
それにあわせる鞄や靴も考えなければいけませんね。

服にもある程度の決まり事はあったけれど、
鞄や靴にも卒園式ならではのルールはあるのでしょうか。

せっかく素敵な服でもコーディネートの仕方によっては
卒園式で場違いになることもあるので、
ここは気を抜かずにパンストの色まで
しっかりマナーを押さえておきましょう。

スポンサードリンク

卒園式の鞄は何色を選ぶべき?

卒園式の服は何色に決まりましたか?

だいたい一般的に暗めの色、黒、紺、グレーなどを選ばれるのかなと思います。

では鞄は何色がいいでしょう。

服のように暗めでなくてはいけないという縛りは少ないのですが、
全体的に服が暗めで鞄だけ明るいものだと浮いてしまう可能性はあります。

これは全体の色の配分を見て、
ブラウスなど明るい色が服のどこかにあるのであれば
それにつなげるようにバッグの色をチョイスしても良いでしょう。

逆に黒のバックであれば浮く事はまずありません。

ですのでお手持ちのフォーマルバックを利用されると良いと思いますが、
注意点は艶消しの布製のものだといかにもお葬式というイメージが強いので
一般的に使うのを避ける人が多いです。

※サテンなど光沢のあるものであれば、お祝いの席でも大丈夫ですよ。

少し前であれば礼服で卒園式に出るのが当たり前と考えられていた事があり、
その時であればカバンも布製のフォーマル用でも浮く事はありませんでしたが、
今は卒園式であっても礼服を着る人は少なくなっているので、
かばんも布製フォーマルバックだと少し浮いてしまいます。

同じフォーマル用でも今は革製品で多用途の物がありますので、
そういったもので卒園式はもちろん、入園式や結婚式などパーディでも使えるよう
この際一つ購入しておいてもいいかもしれません。

喪服に合わせるようなフォーマルバックの場合は小さめなので、
その時はサブバックもお忘れなく。

ビデオカメラやデジカメ、バッテリー、スリッパ、
また記念品など幼稚園から持ち帰るものがありますので
小さめのバックのママはサブバックと小さめバックの二個持ちが基本です。

礼服ではなくセレモニースーツのダークな服の場合でも、
上記のようなフォーマルバックもきれいにまとまりますし、
シルバーのバックも極端すぎない色のポイントとなるのでステキです。

また自由な感じで上下で違う色のスーツの場合、
おそらくは上にダークなジャケットにボトムは明るめの色となると思います。

それであればかばんも暗め明るめでも、お好みで選んでみてくださいね。

ただし極端にキラキラした物や、エナメルでも光沢がきついものなどは
避けた方が無難です。

大きさは昔は小さめサイズでかぶせがあるものが良しとされていましたが、
今は持ち物が全部入る大きさのトートバックなども多く見られますので、
上品な革製や合皮の物で選べば場違いなこともないでしょう。

卒園式の靴は黒が無難?

かばん同様服の色がダークであれば靴も服に合わせて黒?
それとも明るめの色を持ってきてもいいの?

ここでも服と同様マナーがあるのか気になりますよね。

簡単に言うと服はダークな物という風潮はありますが、
靴に関しては特に決まりはありません。

色の考え方は靴と同じで、全体がダークでまとまり過ぎていると
靴だけ明るいと取ってつけたようになってしまいますので注意して下さいね。

逆に礼服であれば靴もかばんも黒となると、
お葬式の雰囲気になってしまうのでこれも注意です。

ジャケットから見えるブラウスが白であれば
それに合わせて靴はベージュなどでも大丈夫ですね。
その場合はバックの色はダークな色にして
あまり明るくなり過ぎないようにバランスを見ましょう。

少し明るい色を入れることで卒園式のシックな装いに
軽やかさを添えることができて効果的。

エナメルでも艶が目立ち過ぎなければOK。
飾りも派手すぎなければ大丈夫ですよ。

ただし、つま先とかかとが隠れる物にしましょう。

スポンサードリンク

卒園式にストッキングは何色を履く?

最後に些細なことですが結構重要なパンストのお話し。

何色を履いていくか迷ったら、
おすすめは絶対薄いベージュやナチュラル!

こちらの世間の見解はさまざまで、
ナチュラルは全く問題ありませんがブラックは結構賛否両論。

ましては寒いからと言って黒タイツを履いていくのはカジュアル過ぎてNGです。

実際にはタイツも黒いパンストも履いている人はいます。

でもお祝いの席で黒いパンストなんて非常識過ぎると考える人もいるので、
卒園式の自分のコーディネートには絶対黒じゃないとという拘りがないのなら、
ナチュラルにしておく方が間違いありません。

またナチュラルはナチュラルでも
今度は柄入りでもいいの?なんて疑問になる人もいるかと思います。

結論としては、
近づいて見なければわからないような柄であれば大丈夫。

ラメに関して全体に入っているものは避けた方が無難ですが、
ワンポイントの物ならOKでしょう。

まとめ

服と違って靴や鞄に関しては自由度が高いのですが、
やはり普段持つようなきらびやか過ぎるもの、
柄が入っているものやカジュアル過ぎるものは避け、
上品にまとめるよう意識してみましょう。

ただ以前より服装なども自由になってきたとは言え、
幼稚園によって全く違ったローカルなルールがあることも
珍しくはありません。

そこに全く合わないファッションで行くと、
たとえ世の中で一般的に良しとされている服装であっても
やはりその場では非常識と取られてしまうこともあります。

まずはママ友や幼稚園から服装や鞄、靴などの情報を得ておく事を
強くおすめします。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする