卒園式コサージュの位置と茎の向きは?合わせるアクセサリーのマナーも確認!

卒園式や入学式はママも素敵に装いたいですね。

その為にいろいろ準備をされていると思いますが、
多くの人がコサージュをつけるのではないでしょうか。

そこでいざつけようと思ったら
「あれ?ここであってるのかな?」となったりする人も多いようなので
ここではコサージュの正しい位置や茎の向きをお伝えしますね。

そしてコサージュに合わせるアクセサリーのマナーも
ぜひチェックしておいて頂けるとばっちり上品ママ間違いなし。

スポンサードリンク

卒園式のコサージュをつける位置はどこが正しい?

卒園式や入園式の時につけるコサージュはどこへつけるのが正しいのか、
これについてマナーとして決まっている事はありません。

ただに美しく見えると言う事で推奨されているのは、
左側の鎖骨辺りの位置につけるのが一般的です。

右側だと荷物を肩に掛けたり右手を使う事が多いので、
邪魔になりやすい為、左の方がいいという理由もありますので、
特に理由がなければ左側でいいでしょう。

そして顔が明るく華やかになるので鎖骨位置につけましょうね。

卒園式や入園式のスーツでテーラードを切る人も多くいると思いますが、
その場合は襟につけて大丈夫です。
高さは同じく鎖骨の高さです。

またぐらつくと見た目が良くありませんので、
付け方としてはコサージュについているピンでしっかりと服の布地を多めに取る事がこつです。

少ししか取らないとあちこち向いて安定しませんので、
思い切ってブスッといきましょう。

それでも布地の素材によっては安定しない場合があります。
その時はフエルトなど厚めの当て布を裏に当てて一緒にピンを刺すとかなり安定しますので、
ぜひお試しくださいね。

※裏地なので通常は見えませんが同系色の物にした方が、
万が一見えるようなことがあっても安心です。

スポンサードリンク

コサージュの向きは茎が上下どっち?

コサージュでもお花だけの物もありますが、
茎が付いているものもあります。

お花だけの場合は自分で見てバランスよくつければいいのですが、
茎が付いているとどこへ持っていけばいいのか迷ってしまいますね。

これも決まりごとはありません。

以前既婚者は茎が下、未婚なら茎が上という事も聞いた事がありますが、
それには根拠はないので拘らなくても大丈夫です。

通常はお花が上、茎を下に向けるのが一般的です。
コサージュ自体もそうつけられるように作られているようです。

それもつけてみてバランス次第でアレンジはOK。

やっぱり花の部分がしっかりと主張されていなくては意味がありません。
茎の部分が一番に人の目に付かないように下に向ける訳ですが、
背の高い人であれば逆に下に向けると茎が目につきやすくなります。
ですので標準より背が高い人は茎を上向きにつけてもよいでしょう。

コサージュを自分で作っている人に聞いて見ると、
左肩から右下へ流れるような向きでつけると美しいとの事なので、
茎は少し体の内側に流すようにするといいですね。

卒園式のコサージュに合わせる時のアクセサリーのマナーとは?

コサージュをつける時にその他のアクセサリーはどうすればいいのか、
これも迷うところですね。

卒園式や入園式は子どもが主役なので母親はそれ以上に目立つことは良いとされていません。
あまり華美にならないようにする事がある意味マナーと考えられています。

またこういった昼間行われるお祝いの場では
ダイヤモンドなど光り輝くジュエリーはつけませんのでご注意くださいね。

やっぱりこういう場ではパールが相応しいでしょう。
もちろんイミテーションでも問題ありませんよ。

そして何をつけるかですが、
ピアスやイヤリングとネックレス、指輪、ブレスレット、、、、と
コサージュをつけるのであれば全部つけてはかなりきらびやかなので、
つけるものを選んでいきましょう。

基本的にはコサージュとパールのネックレスというスタイルが一番無難です。

ピアスやイヤリングはシンプルな一粒パールなどであればつけても派手になりすぎませんが、
目につくぶら下がるタイプやキラキラ光るものは避けましょう。
つけなくてもコサージュがより引き立ちますので大丈夫です。

またパールのネックレスも一連と二連がありますが、
二連であればピアスはなくていいと思います。

逆に一連であればピアスを付けるくらいでいいかもしれません。

指輪は結婚指輪か、本当にシンプルな物程度にしましょう。

つけてもこのくらいにしておけば、
行きすぎた着飾り方になることはありませんのでご安心くださいね。

※ちなみにロングタイプのネックレスをつけている人も見掛けますが、
短めのスッキリとした40~42㎝のものを付けるのがマナーとされています。

まとめ

コサージュの位置はちょっとしたことですが
下の方につけていたりすると「あれ?」となってしまいますからね、これで安心です。

アクセサリーもシンプルに上品にを心がけて選びましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする