引越し準備はいつから?子連れのポイントは?費用の総額などの体験談!

引越しって誰もがそう何度も体験することではありません。

何を、いつから、どうすればいいのか、わからないことだらけですよね。

今回は家族4人での引越しの体験談を交えて、
これから引越しを備えている皆さんのお役に立てるよう、
引越し準備の段階で必要な情報をお伝えしていきます。

スポンサードリンク

引越しが決まったら準備はいつから始める?

引越しが決まったらさていつから始めましょう。

とは言っても、何をするかをまず押さえておかなければいけませんね。

とにかくまず、

引越し業者を決める!

これが第一です。

理想は3カ月前に余裕を持って引越し業者を探し始めるのが良いでしょう。

引越しはその月の上旬か下旬かなどで大きく費用が変わってくるため、
特に3月など引越す人が多い月は高い値段設定の日しか残っていないなんてことも。

ぎりぎりだとどんどん引越しに掛る費用が増える傾向にありますので、
早め早めで節約していきましょう。

手軽に利用できるのがインターネットで価格の比較ができる引越し侍

こちらの『料金比較』を利用すれば
見積もり依頼したとたん何件も引越し業者から電話が掛ってくる煩わしさもありません。
『見積もり』もできますが、まずは料金比較で検討してみて、
気になる業者に電話をすると良いでしょう。

普通は数社から見積もりを取ってどこがいいか決める事になりますが、
そのためにはある程度の日程も決めておかなければいけません。


○ポイント
・2月~4月上旬、9、10月は引越し需要が高い為、一年の中でも高い時期。
・その中でも高いのが月末と土日祝。
・日祝などは翌日仕事があるから午前中の引越しが好まれるため、
・遅めの引越しだと安い場合もあります。
・仏滅の日も狙い目。

2か月前までに業者が決まればそこからは荷物の整理です。

特に大きな家具や電化製品などの新居で必要なものと不要な物を区別して、
処分する方法を考える必要があります。

多くの人がぶつかるのがこの処分の問題。

ぎりぎりだと多額の費用を払って業者に処分してもらうしかなくなる場合もあり、
何千円、何万円と差が出てくる事も。
早めに考える事が無駄な出費を減らす大切なポイントとです。

一ヶ月前には荷造りを進めていきましょう。

シーズンオフのものや押し入れなどに入っている今使わないものからどんどん箱詰めです。

迷わずさっさと済ませてしまいましょうね。

二週間前くらいには、やらなければいけない各種手続きを済ませてしまいましょう。

ここからは毎日使う頻度の少ないものなどから、引越し当日に向けて梱包あるのみ!

こんな感じで頭の中で早めにイメージしておくと
大きな失敗も無駄もなく引越しができるでしょう。

引越しは準備する事がいっぱい!子連れはもっと大変!

子連れでの引越しとなると、何もかもが時間が掛ります。

お母さんの負担もかなり増えて大変ですが、
体力はもちろん精神的にも疲れ果ててしまわないようにしたいところですね。

私自身2歳と5歳の子供を連れての引越しとなり、
早い段階から引越しが決まっていたものの準備が全然思うように進まずで
毎日気持ちだけが焦っていました。
のんきに構えているパパにもイラつきましたしね^^;

梱包しようにもどうしても子供が邪魔になって進まなかったり、
危ない事もありますからね、できないこともたくさんありました。

方法としては危険でない事は子供と遊びながら進め、
子供が寝ている時にこつこつ梱包するようにしました。

おもちゃの整理は起きている時にすると
せっかく入れたものも横を向いている間に出して来られたりと
無駄な時間になったので、寝ている間がベスト。
使っていないものも見つからないうちにごっそり捨てたりしましたね。

後はママ友なんかに数時間だけ預かってもらったり、
頼める時は割り切ってお願いしました。

それでも結局当日に梱包しなくてはいけないものがあり、焦りました。。。
業者が来る前は夫婦でひたすら梱包、
来てからは私は子供を連れて新居に移動したのでパパが必死に、、、
最終的に引越し業者の人も手伝ってくれたりでなんとかできましたよ。

気持ちは焦りますが、
できるだけやったらあとはなんとかなると開き直りも必要になってきます。
でないと精神的に辛いですしね。

特にママは一人で抱え込みがちになるので、
後の大変さを少しでも軽減できると考えると早い段階でパパのお尻をがんがん叩いて
休日にはしっかり動いておいてもらう方がいいですけどね。


○子連れでの引越しのポイント

・できるなら少しでも子供を預けて梱包。
・引越し当日も可能なら子供は預ける方が効率的かつ安全。
・子供が当日いるなら、パパは梱包、ママは子供に付いていると役割分担する。
・当日に業者が到着したら、ママは子供を連れて新居や外に出るなどして安全に過ごす。
・新居に荷物が来たら子どもと過ごす部屋を確保し、DVDなどで時間稼ぎをしてやり過ごす。
・引越し前後の家事は手抜きでOK!食事もお弁当などを利用しましょうね。

子供がややこしくて荷造りをするのは無理そうであれば、
引越し費用は少し高くなりますが荷造りからしてもらえる引越しプランもありますので、
子供が小さいうちは仕方ないと割り切ってそういったサービスを利用する事も
検討してみてもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

引越し費用の総額ってどれくらいなの?(体験談)

引越しの総費用っていくらくらいなのでしょうか。

実際には引越し業界の繁忙期か通常期かによって随分変わってくるのが現実。

繁忙期は2月~4月、通常期は5月~1月ですが7月も高くなります。

※参考(家族4人・同じ市区町村内15km以内)

繁忙期 115,000円

通常期  96,000円

約20,000円の差がありますが、
実際には値引き交渉でも変わってきます。

営業マンのさじ加減といったところもありますので、一概には言えません。

私の友人はかなりの交渉上手で、
6月に家族四人の引越しで距離はあちらの方が遠かったにも関わらず、
同じ引越し業者でしたが、うちより安くでやってもらってました^^;

○我が家→60,000円
車で10分以内の近距離
午後のフリー便

○友人宅→50,000円
市外への引越し
午前便

聞いた時は結構ショックでしたけど、、、
まだまだ下げれたんだなーと引っ越し基本料金なんて
あってないようなものだなと感じました。

また引越す機会があれば絶対もっとがんばります(笑)


○子連れでの引越しのポイント

・できるなら少しでも子供を預けて梱包。
・引越し当日も可能なら子供は預ける方が効率的かつ安全。
・子供が当日いるなら、パパは梱包、ママは子供に付いていると役割分担する。
・当日に業者が到着したら、ママは子供を連れて新居や外に出るなどして安全に過ごす。
・新居に荷物が来たら子どもと過ごす部屋を確保し、DVDなどで時間稼ぎをしてやり過ごす。
・引越し前後の家事は手抜きでOK!食事もお弁当などを利用しましょうね。

結局我が家の総額は¥130,000以上掛りました。

その理由はエアコン3台を持って行って取り付けまでお願いしたため。

一台10,000円で取り外しから取り付けまでしてくれますが、
だいたい引越して取り外ししてみるといろいろ劣化していて
取り替えないといけない事が多いそうで、
我が家はケチって一番古いエアコンだけ取り替えパーツ込みのセット(\22,000)にしましたが、
あとの二台は必要に応じて取り替えたパーツ代金を払う形にしたところ、
結局いろいろ交換になり30,000円追加で支払う事になってしまいました。

引越し代 + エアコン取り外し取り付け代 + 交換パーツ実費
60,000円 +    42,000円       +  約31,000円

5年以上使った古いエアコンはやっぱりパーツ交換込みにしておいた方が
良かったなと思いました。

まとめ

引越しの準備は早めが絶対節約できます。

決まればとにかくまず見積もりしてもらい、うまく値段交渉しましょう。

忘れてはいけないのが不用品処分の問題。

直前だと引越し業者に頼む事になり、
我が家では一つ6,000円でお願いするはめになってしまいました。

とにかく早め早めで、荷造りもできないと思うなら
サービスを利用して時間をかけてしっかり値切るようにした方が賢明。

楽しい新生活に向けて、ここはがんばり時です!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする