年越しそばの意味と由来。大晦日のいつ食べる?『かけ』か『もり』かの疑問も解消!

年越しそばを食べることは日本人にとって当たり前の年末行事の一つですが、
意外とどんな意味があるのか知っている人は少ないようですね。

また結婚してから初めて知る人も多いのが
年越しそばを食べるタイミングが家庭によって違うこと。
『かけそば』か『もりそば』という点も疑問に思う事もあるようですね。

今回は『年越しそば』の由来から
ちょっと気になる疑問を紐解いていきたいと思います。

スポンサードリンク

年越しそばを食べる意味について由来から知る

年越しそば
毎年一年の最後に『年越しそば』を食べる意味は実は諸説あり、
どれが本当なのか今となってはわかりませんが、
それぞれの年越しそばの由来を見ていくと
そこからどういった意味(理由)で食べられているのかがわかります。

そして自分の今の状況からぴったりくるものを願いつつ頂くと
きっといい年越しとなるのではないでしょうか♪

年越しそばが食べられるようになったのは「江戸時代」の中ごろというのは
多くの文献などによっても語られているので事実であるようですが、
その起源にさまざまな説があります。

それぞれの諸説は、どんな願いが込められて食べられていたのでしょうか。

■諸説1

鎌倉時代、年末貧しい人に向けて博多の承天寺で「そば餅」を振舞われた人たちが
翌年に運が向いてきたことで大晦日に食べられるようになった。

『来年は良い年になりますように』

■諸説2

室町時代に長者の増淵民部が大晦日に
「世の中にめでたいものは蕎麦の種花咲みのりみかどおさまる」
と無業息災を祝った歌を読み、その時に「そばがき」を食べたことから
その後年越しそばに変化した。

『健康に新しい一年を過ごせますように』

■諸説3

江戸時代に金箔職人が散った金箔を集めるのにそば粉を練って丸めた
団子状のものを使う事から「金を集める」と
縁起を担いで食べられるようになった。

『金運のよい一年でありますように』

年越しそばを残すと
『新しい年の金運に恵まれない』という言い伝えもあります。

■諸説4

そばは雨風で倒れても太陽の日を浴びると翌日にはすぐに起き上がる
たくましい植物であることから、
それにあやかって来年も捲土重来(けんどちょうらい)を期して食べる。
※捲土重来・・・一度敗れたり失敗したりした者が、再び勢いを盛り返して巻き返すことのたとえ(goo辞書)

『健康で元気な一年でありますように』

■諸説5

そばは細く長く延ばされることから「長く細く健康に生きられるように」と願って
年越しにそばを食べるようになった。

『新しい一年も健康長寿でありますように』

■諸説6

そばは他の麺より切れやすいため、「災いを断ち切る」という意味で食べられた。

『これまでの災いを断ち切り、新年は幸運に過ごせますように』

また『借金を翌年に持ち越さない』という願いもあるようです。

これらを見ていくと、全てが新しい年が良い一年であることを願う
縁起担ぎの意味が見てとれますね。

大晦日の年越しそばって夕食?いつ食べるのが正しいの?

大晦日に年越しそばを食べることは多くの家庭で行われている昔からの風習ですが、
各家庭によって食べるタイミングが異なるようです。

我が家でも結婚して初めての大晦日を迎えた時に、
驚きの相違が起きたのを覚えています。

私は除夜の鐘を聞きながら食べるのが当たり前だと思っていたのですが、
主人は晩ご飯がおそばだと考えていたようで、
私は晩ご飯を何にしようかと相談したらお互いに

えっ?!

となりました 笑

大きくこの二つにわかれるようですね。

・除夜の鐘を聞きながら年越しそばを食べる派
・夕飯に年越しそばを食べる派

結論から言うと一般的には大晦日に食べるのであれば、
何時でも構わない
と言われています。

ただ先ほどの食べる意味から考えると、
『災いを断ち切る』には年を越す前に食べる事が正しいでしょう。
その他の縁起担ぎの意味も全て新年の幸運を願ってであることから、
やはり新年を迎える前に食べるべきと言えます。


注意
年を越してから年越しそばを食べると『金運が悪くなる』と言われていたり、
災いを持ち越すと考えられ、縁起が悪いとされています。

上記の事から大晦日のうちであれば、
夕食の時でも深夜食として年を越す少し前に食べても問題ないと言うになりますので、
夫婦で年越しそばを食べるタイミングが異なる場合は話し合いのみですね。

正直な話、晩御飯に年越しそばを食べる方が作る側としては助かりますけどね。

その時の献立は「お刺身」や「煮物」「天ぷら」なんかがあればいいですし、
何より晩ご飯を食べた後、深夜にまた炭水化物である年越しそばを食べると
間違いなく摂取カロリーオーバーですよね。。。
そうやって育ってきたものの昔から抵抗があったので、
我が家では結婚以来ずっと夕食に年越しそばです。

みなさんはどうされますか?

スポンサードリンク

年越しそばはかけそば、もりそばどっち?

さて、食べるタイミングは年越し前であればいつでもいいとわかりましたが、
どういった食べ方をするかも出身の地方によって違うのをご存知ですか?

これについては決まりではないようです。

そばの産地であればそばの香りと味わいがより良い『もりそば』

年末の寒い時期なので温まりたいということであれば『かけそば』と、
食べたい食べ方で良いのです♪

一年ごとにもりそばとかけそばを交互に変えるのもありですし、、
地方によってもさまざまな薬味や具のバリエーションがありますので、
いろいろ取り入れて年越しそばを楽しむのもよし。

晩御飯に年越しそばを頂くのであれば
少し手の込んだかけそばや、贅沢に天ぷらを揚げてもりそばで頂くという事も
ハードルが低くなるのでチャレンジしてみてもいいかもしれませんね。

一年の締めくくりにちょっと普段よりよい蕎麦で
大晦日を過ごしてみてはいかがでしょう。

まとめ

この時期は新そばが楽しめるのも嬉しいですね。

今年はいろいろあった一年を思い返しながら、
新しい年が良い年である事を願いつつ
ゆっくりと年越しそばを味わってみてはいかがでしょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする