ホワイトデーにUSJへ行くならホテルはカップル向けを!混雑状況は?ディナーも感動的にin大阪

大阪の有名なデートスポットでまず上がるのが
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)。

今年のホワイトデーにUSJと計画しているなら、
大人のお泊りデートがおすすめ。

遠くても近くても泊まりで行くと、
楽しみ方が変わってきて新鮮!

今回は素敵なホテルとディナーのご紹介と
ホワイトデーの混雑状況についての記事ですので、
ぜひ参考にして下さいね。

スポンサードリンク

ホワイトデーにUSJデート♪ホテルはカップル向けで決まり!

usj

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに行って宿泊するとなると
まず真っ先に思い浮かぶのがあの周辺にあるオフィシャルホテルですね。

・ザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
・ホテル近鉄ユニバーサル・シティ
・ホテル京阪ユニバーサル・シティ
・ホテル京阪ユニバーサル・タワー
・ホテルユニバーサルポート

この5つは歩いてすぐのところにUSJがあるのでとっても便利ですね。

★オフィシャルホテル・アライアンスホテルなどUSJに行くのに便利なホテル口コミ情報は【楽天たびノート】でチェック★

でも今回はちょっと大人のUSJデートを意識して、
にぎやかなオフィシャルホテルをあえてはずしたホテルをご紹介しますね。

ホテル大阪ベイタワー

USJまで弁天町から電車で10分のところにある51階建ての高層ホテル。
宿泊するお部屋は全て30階以上なので、眺望は言う事なし。
大阪湾、神戸の街や明石海峡大橋まで見える夜景を楽しめるここは、
カップル向けのホテルと言えます。
この眺望とロケーションにして価格はお手頃なので、
ここは思い切ってスイートでも手が届く範囲なのでチャンス!

口コミ評価も高く、トリップアドバイザー「2015年 エクセレンス認証」を
受賞しているので多くの利用者のお墨付きのホテルです。

USJに行きたいけどホワイトデーは大混雑する?!

ホワイトデーにUSJとなると、気になるのは混雑状況。

イベント時は正直まともに周れませんからね。。。
ほとんどが待ち時間になってしまうこともあり得ます。

ですが、意外や意外。

バレンタインイベントが終わると
実はホワイトデーにはイベントが開催されないため、
結構比較的混雑は少ない時期と言えるのです。

その後の春のイベントが始まり春休みに入ると大混雑になりますが、
3月の第一週やホワイトデー直前の土日まではまだ少なめでしょう。

とは言え、やっぱりUSJですから土日は普通に混んでいますが、
他のイベント時と比較するとマシだという感覚での比較となります。

狙い目はやっぱり平日や、日帰りの人が減る時間帯である夕方以降。
カップルの二人共がお休みが取りやすい場合は絶対おすすめですよ。

スポンサードリンク

ホワイトデーに感動のディナーが演出できる大阪のレストラン

ホワイトデーではディナーも重要ですね。

大人の雰囲気を大切にしたいなら、
やっぱり夜景が見えるレストランがおすすめ。

二人での食事の時間もロマンティックに過ごしましょう。

まず初めにおすすめしたいのは、
先ほどご紹介した『ホテル大阪ベイタワー』の最上階51階にあるレストラン。

スカイラウンジ エアシップ

なんだか宙に浮いてるかのような感覚を味わえます。

私はビュッフェで行きましたが、
本当にあの雰囲気は素敵です!

彼女と行けばかなり感動してもらえると思いますよ。

お料理もおいしく、ビュッフェ以外もありますので
ホワイトデーでバシッと決めるならコース料理がおすすめ。

時期によって内容が変わるので、事前にチェックして下さいね。
http://www.osaka-baytower.com/restaurant/airship/list_dinner.html

トップオブユニバーサル

こちらはホテル京阪ユニバーサル・タワーの最上階32階にあるレストラン。
予約しておけばUSJで楽しんだ後すぐに食事を楽しめます。

高さ7mもある窓から見える夜景が作り出す店内の雰囲気もステキ。
お料理のクオリティも高く、記念日にわざわざ訪れる人もいます。

貸切で使えない日もあるので、確認は必須。

【公式ホームページ】
http://www.hotelkeihan.co.jp/tower/restaurant/topofuniversal/

まとめ

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)に行くとなると
結構アクティブに動く事になりますが、
ホテルを予約しておけばゆったりと楽しむ事ができますね。

オフィシャルホテルは家族連れが多くにぎやかなので、
デートで泊まるなら少し離れたホテルが良いでしょう。

ディナーの予約も忘れずに!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする