ホワイトデーの花のプレゼント、種類と花言葉の意味で失敗しないために!

もうすぐホワイトデー。

何を贈ったらいいのかと頭を悩ませる時期がやってきましたね。

今年は思い切ってお花を贈ってみようと思ったものの、

「なんだか大げさすぎ?」

「花なんてわからないなぁ。。。」

「女性は本当に嬉しいの?」

こんな疑問で一歩踏みきれない男性の為に、失敗しないための役立つ情報をお伝えします。

スポンサードリンク

ホワイトデーは彼女に花のプレゼントをしたい男性へ

花を贈りなれている男性は、そう多くはないと思います。

そう考えると逆に花をもらい慣れている女性もそんなにいないんです。

映画やドラマではよく登場する花束のプレゼント、
ベタなようで現実では意外ともらうことのないプレゼントなんですね。

だから結構女性の心には響きます。

「お花よりもスイーツやアクセサリーの方がいいわ」なんて言いそうなタイプの女性でも、
実際にもらうとやっぱり何か嬉しい気持ちがあるようです。

(口には出さなくても)

それでも彼女に花のプレゼントする時にいくつかの注意点はあります。

大きさや渡すシチュエーションには気をつけないと
今度は逆に迷惑になってしまう可能性も。

大きな花束はゴージャスで見ている分にはすごいなぁと思いますが、
実際にデートの最中などに大き過ぎる花束を貰うと
その後の移動中も目立つし邪魔になるしで結構大変な思いをしてしまいます。

外で渡される場合は特に、多くの女性は小ぶりの花束をもらう方が嬉しいと言っています。

そうすると自慢げに街を歩くのにも邪魔になりませんし、
何よりゴージャスさより小ぶりの花束の方が
お花の上品さが楽しめて素敵だと思いますよ。

ブーケ
持ちやすいブーケのようにしてもらうと、とても喜ばれると思います。

かわいいですしね♪

車での移動など、持ち歩く時間が短いなら少し大きめでも大丈夫ですが、
大きな花束はとっておきの時までとっておきましょう。

また渡すタイミングもとっても大切。

デートの初めの段階で渡すとずっと花束を持って移動しなくてはいけないですので、
これはできれば避けたいところ。

かと言って、最後の方に渡そうとずっと彼氏が持っていても
彼女は気付いてしまいますし、それを気付かないふりをするのも結構疲れるんですね。。。

おすすめは、食事に行く予定のレストランなどお店側で保管してもらうこと。

そして食事も終わってデザートの前くらいでちょっと席を立って
さりげなく花束を持って登場する!

これ、素敵だと思います♪

もしどうしても恥ずかしくて自分で持ってくるのは避けたいという場合は、
お店の人にデザートの段階でテーブルに持ってきてもらいましょう。

それでも彼女はハッとするはず。

また、彼女の自宅で過ごす場合のサプライズ作戦は時間指定のお花の宅配。

彼女と家にいる時に届くようにしておきましょう!

私も主人からそうやって贈られた事がありますが、
とっても驚き、そこまで気をまわしてくれていた事が嬉しかったです。

彼氏の自宅の場合、自分は手がふさがっていてでれないのでなどと
代わりに彼女に出てもらいましょう。
びっくりしますよ!

他にもプレゼントがあるのなら、お花は一輪だけでもとっても素敵。

豪華すぎるよりむしろ効果的かもしれません。

その場合はお花だけが主役ではないので、
プレゼントと一緒にさりげなく渡しましょう。

スイーツプレゼントはこちらを参考に

『ホワイトデーのクッキーのお返しの意味は重要?ブランドや人気店のおすすめを厳選!』

『ホワイトデーにマカロンを贈る意味とは?海外ブランドと日本生まれの人気のものまで一挙に紹介!』

ホテルスイーツ情報満載です♪
『ホワイトデーのお返しにホテルデート♪大阪で宿泊するなら絶対ここ!』

ホワイトデーに選ぶ花の種類に困ったら?

どんなお花がいいか、男性は花の種類もそんなに知らないのでとっても困りますよね。

そんな時はお花屋さんにお願いすれば素敵な花束を作ってくれるので、
全く心配はありません。

彼女の好きなお花がわかっていればベストですが、
他には女性の好きな色や普段の服の色、
ゴージャスタイプか可愛いタイプか、
活発なのか大人っぽいのかなどと
どんなイメージなのかできる限り伝えましょう。

また自分が入れたいお花があればそれもお願いしておきましょう。

そうすればイメージに合うお花の組み合わせをプロが考えてくれますので。

本当のところお花の種類も大切ですが、
彼が彼女に喜んでもらおうと普段行かないお花屋さんに行って
恥ずかしながらもいろいろ考えながら買ってくれた事に
女性は嬉しさを感じます。

だからあまり難しく考えなくても大丈夫ですよ。

注意

彼女がユリ花粉がダメな事がありますので、
ユリには注意した方がいいですね。
不安であれば外しておく方が無難です。

スポンサードリンク

ホワイトデーに花を贈るなら知っておくべき花言葉の意味

もしお花のプレゼントをホワイトデーにもらって、
その花言葉に意味があれば、彼女にとってもっと素敵なプレゼントになるはず。

普段照れくさくて言えないようなロマンティックな言葉を
お花に託されるのもキュンとくるものです。

ただ単純に花言葉と言ってもかなりの種類の花がありますし、
花によっての花言葉と、その花の色によって違ってくる花言葉があって結構複雑。

それに花言葉がよくても、あわせてみるとなんだかちぐはぐなイメージの花束に。。。

なんてもこともあるので、全ての花に意味を持たせる必要はありません。

メインに持ってくるお花にあなたの伝えたいメッセージを込めましょう。

また注意しなくてはいけないのは、
同じ花でも色によって全然逆の意味になってしまうこともあるので、
そこは気をつけて選びましょう。

では女性に人気で、ホワイトデーに贈るのに最適な花言葉のお花をご紹介しますね。
※恋愛にタブーな色もありますので、参考に他の色の花言葉も掲載しています。

ガーベラ「希望」「常に前進」

〇赤    「燃える神秘の愛」

〇ピンク  「熱愛」

〇白    「希望」「律儀」「純潔」

〇黄    「究極愛」「親しみやすい」

※参考

〇オレンジ 「我慢強さ」

チューリップ「思いやり」

〇赤    「愛の告白」

〇ピンク  「愛の芽生え」「誠実な愛」

※参考

〇白    「失われた愛」

〇黄    「望みのない恋」

カーネーション「無垢で深い愛」

〇赤    「真実の愛」「会いたくてたまらない」

〇ピンク  「あなたを熱愛します」

〇白    「純粋な愛」「私の愛は生きています」

〇紫    「誇り」「気品」

※参考

〇黄    「軽蔑」「嫉妬」

〇濃い赤  「私の心に哀しみを」

ストック「永遠の美」「愛情の絆」「求愛」

〇赤    「私を信じて」

〇ピンク  「ふくよかな愛情」

〇紫    「おおらかな愛情」

※参考

〇黄    「寂しい恋」

そして女性への花のプレゼントと言えば外せない『バラ』について、

どんな花言葉があるのか気になりますね。
ピンクのバラ

バラ「愛」「美」

〇赤    「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」
※つぼみ「純粋と愛らしさ」「純粋な愛に染まる」

〇青    「夢かなう」「不可能」「奇跡」「神の祝福」

〇ピンク  「しとやか」「上品」「感銘」「恋の誓い」「愛を待つ」

〇オレンジ 「すこやか」「愛嬌」「信頼」「絆」

〇白    「純潔」「私はあなたにふさわしい」「深い尊敬」
※つぼみ「恋をするには若すぎる」「少女時代」

※参考

〇黄    「愛情の薄らぎ」「嫉妬」「友情」

注意

赤を選ぶ時は明るい色にしましょう。
黒っぽくなるほどに、花言葉はネガティブなものになりますので。

バラの花言葉は多様で、本数によっても意味が違ってきます。

1本  「一目ぼれ」「あなたしかいない」

2本  「この世界は二人だけ」

3本  「告白」「愛しています」

4本  「死ぬまで愛の気持ちは変わらない」

5本  「出会えたことの喜び」

6本  「あなたに夢中」

7本  「密かな愛」

8本  「あなたの思いやり、励ましに感謝します」

9本   「いつもあなたを想っています」「いつも一緒にいてください」

10本  「あなたは全てが完璧」

11本  「最愛」「一途に思う」

12本  「私と付き合ってください」

13本  「永遠の友情」

14本  「プライド」

15本  「ごめんなさい」

16本  「ころころ変わる不安な愛」

17本  「取り戻せない絶望の愛」

18本  「誠実」

19本  「忍耐と期待」

20本  「私のひとひらの愛」

21本  「あなただけに尽くします」

22本  「あなたの幸運をお祈りします」

24本  「一日中思っています」

25本  「あなたの幸せを祈っています」

30本  「信じれば縁はあります」

36本  「覚えています」「ドラマティック」

40本  「真実の愛を誓います」

44本  「変わらぬ愛を信じます」「出会い」

50本  「恒久」

99本  「永遠の愛」「ずっと一緒にいよう」「ずっと好きだった」

100本  「100%の愛」

101本  「これ以上ないほど愛しています」

108本  「結婚して下さい」

365本  「毎日想っています」「あなたが毎日恋しい」

999本  「何度生まれ変わっても貴方を愛します」

これだけあるとは、すごいですね。

年月を重ねていくごとに伝えていきたいメッセージを
花言葉として贈ることができるようになっていますね。

花言葉は相手に意図してそれを伝える場合は、きちんと選ばないといけませんね。

贈った花の花言葉に気持ちが込められていることを伝えましょう。

照れくさければメッセージを添えておくことも素敵ですね。

まとめ

お花のプレゼントは素直に嬉しいものです。

心が華やぐというか、その儚さゆえ特別で幸せな気持ちになるとでもいいましょうか。

なによりこうして彼女のためにいろいろと調べ、
行き慣れない花屋さんに行って買ってくれることが
最高のプレゼントになります。

自信を持ってお花をプレゼントして下さいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする