初節句の雛人形は誰が買う?女の子には羽子板も?お返しについても考えよう。

初節句を迎えるに当たって必要な物と言えば『雛人形』。

かわいい孫娘の初節句を楽しみにしているおじいちゃんおばあちゃんが
選んでプレゼントしてくれるかもしれませんね。

でもこれって何か決まりがあるのでしょうか。

祖父母と言っても父方?母方?
両方で準備してくれていたら
それはそれで困ってしまいますし、
誰が買うって決まってるのでしょうか。

雛人形と羽子板もいると耳にしたこともあったり、
頂いたらお返しはどうするのかなど、
トラブル回避の為に何をどうするべきかをここで確認しておきましょう。

スポンサードリンク

初節句の雛人形は誰が買うもの?

雛人形

初節句となるとやっぱりおじいちゃんおばあちゃんは黙っていられない、
という事も多く、どうするのかといろいろチェックが入ったりすることもあります。

そこでよく問題になるのが「雛人形をどうするか」

大抵の場合は母方の両親が用意するという考えが多いようですね。

それは昔の考え方が変化して残っているからで、
昔は娘を嫁に嫁がせる時、婿に嫁がせるのではなく『家』に嫁がせるということであり、
ゆくゆくはその家を取り仕切る事になる子に肩身の狭い思いをさせないようにと
嫁入り道具としてさまざまな物を揃えたと言います。

その為「雛人形」も嫁入り道具として母方の実家が用意をするという考えが
現在でも残っているのです。

地域によって色濃く残るところと全く気にしないという所があるので、
両家で全く違った考えを持っている事もめずらしくありません。

そうなるともめ事の原因にもなりやすく、注意が必要です。

例えば、特に母方の実家が準備するものだと考えていない父方の両親が、
単なるお祝いの気持ちで雛人形をプレゼントしてくれた。
一方母方の両親は当然自分達で準備をしてあげるものだと思っていたので、
孫の為に雛人形を購入してくれていた、なんて事もあり得るのです。

雛人形が2つ・・・
両家の実家からそれぞれ雛人形が届いてしまいました。
二つ飾る場所も無く、親にも善意で送ってくれたのに文句も言えません。

また逆のケースも。
父方の両親は、母方の両親が雛人形を準備するものだと思っているのに、
母方の両親は全く気にしておらず、それを非常識だと感じてトラブルの原因になるなど、
双方の考えが違う事をきちんと認識していなければ、
せっかくのお祝いである初節句が何とも言えない複雑な思いでになってしまう事に。

こういったトラブルを起こさないために、
必ず前もって双方の両親にどう考えているか確認をしましょう。

そして考えが違うのであれば、
自分達が間に立って風習が違うのでどうしたらいいのかと、
角が立たないように親自身に相談しましょう。

これは考え方の違いです。
どちらが正しいという問題ではありませんからね。

間に立つなら、中立的立場で接していく気持ちでいることが大切ですね。

現在では問題にならないようしきたりなどに拘らず
「お祝いする気持ち」を大切にしようと、
両家で折半して購入する事も多くなってきているようですよ。

もちろん両家の両親ともに雛人形の購入を考えていない事もあります。

そういう時は自分達で購入する事もよくある事なので、
娘さんの為にかわいい雛人形を選んであげて下さいね。

初節句の為に女の子には羽子板も必要なの?

初節句に羽子板を一緒に飾るという地域もあります。

そいうった風習がある両親であれば、
初正月に女の子には羽子板を贈り、
ひな祭りの時には雛人形と一緒に飾るのが普通と考えているでしょう。

これを『両祝い』といいます。

【両祝い】

女の子なら「羽子板と雛人形」、男の子なら「破魔弓と五月人形」と
両方のお祝いをすること。

これも母方の両親が贈る事が一般的になっていますが、
こういった風習がないところは初正月に羽子板を贈るなど全く知りませんので、
当然頂く事はありません。

もし父方の両親が両祝いの風習がある地域の方であるなど、
必要であれば自分達で購入する事がほとんどだそう。

本来羽子板はお正月飾りなので、
雛人形と一緒に飾らなければならないというものではありません。

羽子板の羽についている黒い玉に「無病息災」、
羽根が飛ぶ様子が病気を運ぶ蚊を食べてくれるトンボの飛ぶ姿に似ているので、
「子どもが病気にならず元気に育ってくれますように」との意味があります。

これをひな祭りに飾るかどうかは、地域によって違う考え方があるだけです。

この問題に関しても双方の両親の間で相違があるのなら、
間に立ってきちんと話をまとめる必要がありますね。

スポンサードリンク

初節句の雛人形を頂いた時のお返しはどうするのがマナー?

高価な雛人形を頂いたなら、やっぱりお返しをしなくてはと思います。

ですが両親へは改まった形でしなくても良いと考える方が多いようです。

基本的には両親を招いて食事会をすることでお祝いのお返しとします。

ですので、ひな祭りのお祝いにと自宅で美味しい食事を用意したり、
どこかのお店で集まり食事会をする事がほとんどです。
自宅で食事会を開くなら
『初節句のひな祭りはどんな料理がいい?おもてなしや祝い方についての予備知識!』
お店での食事会は
『ひな祭り初節句の食事会。場所と日取りのポイントは?費用は誰が払うもの?』記事も
参考になりますのでぜひチェックしてみてください。

また、お祝いを頂いたけれど遠方などで食事会に来られない場合は、
必ず『お礼状』を送ることを忘れないようにしましょう。
喜ばれるのは頂いた雛人形と孫を一緒に移した写真を添える事。

なかなか見られない孫の姿を見る事ができないのであれば、
そういった成長過程を写真でも見られるのは本当に嬉しいようですよ。

あれほど高価な物を頂いたのにお礼状だけでは、、、と気になるのであれば、
『内祝』として何か贈りものをすると良いですね。

特に何を贈るのか決まりはありませんが、
ひな祭りであれば、それにちなんだ春らしいお菓子などがいいでしょう。

表書きを「内祝」にして、赤ちゃんの名前を書いた熨斗、
そして紅白の水引をつけて贈りましょう。

まとめ

誰が買うのかということは、あくまで風習であって
絶対決まっていることではありません。

どちらが非常識と言う訳でもありません。

時代が変わって変化した考え方もまた間違いではなく、
大切なのは「子どもの成長を喜び、それを祝う」気持ちです。

おめでたいお祝いを巡って考えの違いでもめてしまうのは残念なこと。

そういった問題を避けるための気遣いは忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする