小学生の友チョコは必要?トラブルや子供か親か誰の手作り問題ってどうすればいい?

バレンタイン、、、なんとなく甘酸っぱい響きだったはずのこのイベントも、
今ではいろいろ複雑なものになってきましたね。。。

そして今子供を持つお母さんを秘かに悩ませているのが『友チョコ』の存在。

楽しむ為のイベントのはずが、実際にはいろいろ問題も勃発してきているようなので、
今日はそんな世の中をいかに渡り歩いて行くか、
そして子供の為にも親としてどう向き合うかという点など
少しでもお役に立てたらと思います。

スポンサードリンク

小学生間の友チョコって絶対必要なのか?

「ただいま~!お母さん、今日バレンタインに友達と友チョコ作ろうって約束したよ~♪」

「えっ、友チョコって何?! 義理チョコのこと?」

「友チョコ!! 友達にあげるの!」

「う~ん、、、だから義理チョコだよねぇ・・・?」

こんなやりとり、初めての友チョコなる呼び名を聞いた時には起きそうですが、
実際友チョコって義理チョコとは違うものなんですよね。

簡単に言うと、

義理チョコ → 異性

友チョコ  → 同性

で、友チョコは女の子同士で(男の子もやってるこはやってるかもですが)
お互いに作って交換するのが基本形です。

それもだいたいは約束して何個作るとか決まってるみたいですが、
たまに予定していない友達からもらったりして
その時はホワイトデーにお返ししたりってパターンが多いようです。

聞いてるだけだと
結構女子ってこういうので盛り上がったりするし楽しんでるんだなぁって感じですが、、、
こういうのでもめるのも女子だったりするんですよね。

ね、なんとなくわかりますよね。。。

今や小中学生の7割が友チョコ交換をしているという事がわかったようですが、
実際周りでも小学生のお姉ちゃんを持っているお母さんがいろいろ頭を悩ませています。

「すっごい数作る約束してきて、作れるわけないしやめときなさい!って言ったら
“みんな作るのにそんなことしたら私だけできなくて嫌だ!!!”って
すっごい必死で、、、やっぱりやらなきゃいけないのかなぁ。。。」って。

これ、子供の気持ちもわかりますよね。

でも現実的な大人からすると、
「えーっ そんなにいるのーーーー!!!???」って数聞くと、
ちょっとちょっとってなっちゃうんですが、
よく考えると自分もそういう時代もありませんでしたか?

完全な一匹狼的な超マイペースさんは違うかもしれませんが、
多少はやっぱりみんなでやろうってなったら参加した経験って
ほぼ誰にでもあるんじゃないでしょうか。

誰が見ても悪い事ならもちろん止めるべきですが、
こういった遊びの中でのコミュニケーションの取り方って
自分がどういう人間かっていうのも自分で見えてきたり、
こういう時はこう対処していく方がいいんだとか経験していったり、
もちろん「楽しい!」って事も、工夫だったり
才能を伸ばしたりってこともあったり
たくさんの事を学んでったりするものかなと思います。

「こういうの好きだと思っていたけど自分は好きじゃなかったんだ。」

「やりたくないけど、どういう風に伝えたらいいのかな。」

「やってみたらめちゃ楽しかった。もっとこういう風にしたいいかも♪」

「私は嫌じゃないけど、嫌がっている子もいるから無理強いは良くないな。」

コミュニケーションはやっぱり経験しないと
自分なりに考える事もできないし、
相手の気持ちも体感できなかったりするので
危険じゃない範囲で親は見守ってあげるのが一番だと私は思います。

あくまで『危険じゃない範囲』なのですが、
その線引きがまた難しかったりしますよね。。。

それについては次章に続きます。

小学生の間で友チョコトラブルでいじめ?!

さて『危険』ってなに? という疑問ですが
大きく括るとタイトル通り『いじめ』問題。

自分だけ作らなかったら、、、、

もしお返ししなかったら、、、、

仲間外れにされる事をすごく気にする年頃。

特に6年間も決まった集団生活や友達から逃れる事ができない子供たちは
一度仲間外れになると辛い日々になるってことがわかってくるので、
すっごく必死になってしまうんですよね。

だからさっきお伝えしたように、
ある程度の経験の中で学ぶ事ってたくさんあるけれど
いじめに直結してるとはっきりわかった時は
親も子供がまだ小さいうちは堂々と出て行く事もありだと思いますし、
子供自身にどう対処すればいいのかアドバイスをしてあげる事も
とっても大切ではないでしょうか。

たとえば子供がどうしてもやめたいのに抜け出せない時。

そんな時は本当に良い関係のお友達ならきちんと一度話してみる事をすすめて、
どんなふうに伝えればいいのか
ただ「やめたい」って言葉だけじゃなく、
「作るのがとても苦手だからやめたい」など
きちんと相手に伝わるように心をこめて伝えることを教えてあげるとか。

“相手の感情の問題”でもあるので
こう言えばいいって伝え方は正直なところありません。

でも母として子どもにどう人と接していってほしいか、
教えていきたい事を伝えてサポートしてあげる時だと思います。

逆の場合もありますよね。

自分の子供が主導になって友チョコをしようって言っている場合。

やりたくない子に知らず知らず強制していないか、
少しアドバイスしてあげることも必要ですね。

いくら親でも子供の代わりに何もかも対処してあげる事はできません。

子供がそういった人間関係を渡り歩けるようになるために、
たとえ辛い思いをしても温かく受け入れてくれる存在があることを
しっかり子どもに伝えてあげる事が結局は一番必要かなと
個人的には思っています。

そうは言っても我が子がトラブルに巻き込まれているかと思うと
当たり前にハラハラ、何かしたくなりますけどね。

そこは子供自身が乗り越えなくてはいけない事もあると、
一歩だけ引いて見ていてあげるといいんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

友チョコは子供じゃなくお母さんが手作りするって本当?

友チョコをすることにした時に直面するのが
誰が作るの???問題

まだ小学生低学年だとやっぱりまともに作れないことも多いですよね。

やったとしてもかなり時間はかかるし危なっかしいし、と
つい手を出してしまうお母さんが多いようですね。

結構突き放すタイプの私ですが、
やっぱり自分がやった方が早いと思うとついやってる事があるので
もっと温かい心を持った他のお母さんなんて
やらずにいられないかもしれません。

それでホントにバレンタインの友チョコが嫌で困っているお母さん、
秘かにたくさいるので、
ある程度大きくなってきたら友チョコを作る際のルール
決めておくといいんじゃないでしょうか。

私自身のママ友の所では、
まず本人が楽しんでやるようなら小さいうちは手伝ったけど
普段一緒にお菓子作りをちょくちょくしていたから
できるようになってきたと判断した年から一切手伝わない事にしたとか、
お小遣いを渡すようになったくらいから
自分の責任でお小遣いの範囲内でなんとかできる人数なら作っていいと決めたとか。

大事なのはやっぱり子供に自分自身のことなんだから、
『責任』っていうのを感じていってもらわないと
いつまでも母親がやってくれると期待して友達に良いかっこするのも
おかしな話ですからね、
ある程度わかる年齢になったら一線引いて見守ってあげるのが本人のためかと思います。

正直手作りじゃなくていいでしょ、と思いますが、
友チョコは手作りがお約束だそうですよ。

うちの子、今年初めてだしお菓子なんて作った事ないからやってあげないと…
という事もあると思いますが
安心して下さい、
小学生レベルではクオリティーが問題ではなく、
“手作りを交換しあう”ことに意味があるようなので、
簡単なものでいいんです。

(手作りって言っても自分が作ったのじゃなくていいのか?
という所に疑問を感じますが・・・)

これ、めちゃくちゃ簡単でおすすめですよ。

私はコーンフレークの代わりによくオレオクッキーを砕いて
チョコやナッツ、マシュマロなんかを混ぜますが、
たぶんコスト的にコーンフレークの方が助かります。

めんどうなのがラッピング。
動画のは友チョコには向きませんが、
100均で買ってきた透明のフィルムに入れてシールを貼るとか、
クッキングペーパーやワックスペーパーでくしゃっと包んで
上だけ紐で縛るなんて簡単なの方法でも十分可愛くできますよ。


こんなのも簡単ですね~♪

友チョコラッピング1

まとめ

本当にバレンタインが憂鬱なお母さんが急増中ですが、
何が辛いって、平日だと夕飯後にせっせと翌日のために作らないといけないこと。

数がめちゃくちゃ多い人は、朝方までかけて作ったとか。。。

だから日持ちするチョコなら前日の昼間なんかに作っておけば
ちょっと気が楽になるとは思います。

ラッピングは子供にしっかりやってもらうようにすれば、
お母さんに頼るだけって事にもなりませんしね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする