赤ちゃんのお風呂温度の適温とは?温度計の必要性といつまで管理するのか

なんだか壊れそうで、何をどうしたらいいのかわからない初めての赤ちゃん。

お風呂に入れるのは育児の中でも大変な作業の一つですね。

やる事も気を遣う事もたっくさんあって、本当にパパママは疲れますが
赤ちゃんにとっては快適で気持ちのいいお風呂タイムになって欲しいものですね。

赤ちゃんにとって快適と感じる事は、大人とは異なることがほとんど。

お湯の温度も快適さ以外に、赤ちゃんの未発達な体の機能にあった適温があるのを
ご存知ですか?

赤ちゃんの負担にならないように、
パパママはきちんとその事を知っておく必要があります。

ぜひここでチェックしておいて下さいね。

スポンサードリンク

赤ちゃんのお風呂温度の夏冬それぞれの適温とは?

赤ちゃんお風呂温度管理

赤ちゃんにとってのお風呂の適温って何度なのでしょうか。
夏  38℃~39℃

冬  40℃~41℃

一般的には38℃~39℃と言われていますが、
夏と冬では気温が違いますので冬は少し高めの設定になっていますね。

この38℃~39℃というのは大人にしたらかなりぬる目ですよね。
でも赤ちゃんにとっては、お母さんのおなかの中にいた時の
羊水の温度の37.8℃と同じくらいだからとっても安心するんですね。

赤ちゃんの皮膚は大人に比べると半分くらいの厚みしかありません。

とってもデリケートです。

温度が高すぎると体の皮膚表面の必要な油分を落とし過ぎてしまって
冬だと乾燥してかさかさになったり乾燥性湿疹になることも。

夏だと熱すぎて汗がたくさん噴き出して湿疹になったりと
皮膚トラブルを招いてしまいます。

また赤ちゃんは温度変化にもとっても敏感です。

よくお風呂で突然泣き出して困ってしまうパパママが多いのですが、
原因の一つにお湯の温度が高すぎるということがあります。

大抵の場合、大人にとってはぬる過ぎる温度なので
低すぎて泣くという事は起きませんが、
熱すぎることはよくあります。

赤ちゃんの体温は3分間お湯に浸かっていただけでも、
お湯と同じ温度になってしまうと言われています。

そうすると熱めのお湯に長く浸かれば浸かるほど負担になってきますので、

注意が必要なんですね。

冬だと赤ちゃんの適温で入るとかなり寒く感じるので、
パパがいるのであれば赤ちゃんを預けてから温かいお湯でしっかり温もるといいですよ。

赤ちゃんのお風呂温度管理に温度計(湯温計)は必要?

お湯の温度をしっかり管理するなら温度計(湯温計)って必要なのでしょうか。

給湯器のリモコンで温度設定してお湯を入れるタイプだと
一応設定できてるはずなので不要という人もいます。

産院などで「肘をお湯につけて熱くなければ大丈夫」との指導もありますし、
結構いらないっていう人が多いんですが
我が家ではおもちゃ代わりにいつもプカプカ湯船に浮かべていました。

冬は特にすぐにお湯が冷めていくため、
ぎりぎり41度まで追い炊きしたくて温度計で熱くなり過ぎないようにチェックしていました。

いくつかの給湯を経験していますが、
なぜか追い炊きをすると設定温度より高めになってしまう傾向にあるので、
温度計でチェックして途中で止める必要があったんです。

でも、だいたいの人が沐浴の為に温度計(湯温計)を買ってるのかなと思いますので、
あるなら一緒にお風呂に入る時も活用されるといいと思いますよ。

100均でも売っているので、購入を考えているなら一度見てみてください。

スポンサードリンク

赤ちゃんをお風呂に入れる時の温度管理はいつまでするの?

赤ちゃんのお湯の温度管理はいつまで続けるのでしょうか。

私も早く以前のように温かいお湯に浸かりたかったのでいろいろ調べましたが、
残念なことに今ぬるいと感じている

38~41℃

この温度設定が小学生になっても大人になっても適温だそうです。。。

大人は好みで熱いお風呂に入るのも自分さえ問題なければいいのですが、
子どもに関しては思春期くらいまではやはり大人よりも皮膚がデリケート。

いろんな肌トラブルを起こす原因にもなりますし、
体感温度も肌が薄いせいで敏感です。

大人がちょうどいいと思ったとしても、
子供自身が熱がるようなお湯に無理に入れないようにしましょう。

でも、個人的見解にはなりますが、
さすがに一歳を超えたらそこまで慎重になる必要はないかと思います。
そこまで温度管理してきたのであれば適温も感覚でだいたいわかるようになっていますし、
赤ちゃんの時のようにきっちり温度計(湯温計)で計らなくてもいいでしょう。

余談になりますがお風呂の温度の豆知識として、
37~40℃というのが一番リラックスできて
「疲れが取れやすい」「肌がきれいになる」「よく眠れる」など
良い事がいっぱいだそう。

その次に39~42℃くらいが良いとされていて、
適度に血行を良くしてむくみを解消されると言われています。

42℃以上になると交感神経が優位になって体が緊張状態になります。

できれば健康のためにはぬるめがいいということになりますが、
子供が自分で熱いと言えるようになってきたら“ゆるい温度管理”で大丈夫でしょう。

まとめ

大人より繊細な赤ちゃんにはやっぱりお湯の温度は大切なんですね。

パパママも健康的になるために適温に慣れるのも良いものと思って、
ぜひ赤ちゃんとのお風呂タイムを楽しんでください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする