赤ちゃんとのお風呂が寒い時期の入れ方とひとりで冬に入れるコツ!

赤ちゃんとのお風呂、寒い時期になるとどうしても心配になってくる湯冷め。

風邪を引かせてしまっては大変と、世の中のママパパはいろんな工夫をしているようです。

そうでなくても赤ちゃんとのお風呂は何かと大変。

一人で入れているママもたくさんいます。

そうなると手際良くコツを押さえてお風呂に入れるかがポイントとなってきます。

今回は冬の赤ちゃんの湯冷めが気になるママの為のお風呂対策について
お伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんをお風呂に入れる時、寒いのが気になるママ

%e8%b5%a4%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%93%e3%81%8a%e9%a2%a8%e5%91%82
寒い冬がやってくるとお風呂が楽しみでしたが、
今は赤ちゃんとの寒くて辛~いお風呂、といった感じでしょうか?

我が家でも気合いで入っていた記憶があります。

とにかく赤ちゃんがいると普段より全てに時間がかかりますからね、
そりゃお風呂を楽しんでいる余裕なんて全くありません。

残念ですがこれが事実なんですよね~、、、

人によっては「後でゆっくり入り直す」という事をしてると聞いて
それもいいなぁとは思いましたが、
毎日寝不足だった私はそんな時間があるなら「寝たい!」と思ってしませんでした。

そして自分の事より、一番の気がかりは赤ちゃんの

『湯冷め』

ママとしてはかなり気になりますよね。

パパが手伝ってくれる状況であれば何も問題はないんですが、
そうもいかない家庭が多いですよね。

うちも産後からほとんど一人で育ててきたと思っています。。。

だからいろんな試行錯誤で我が家スタイルの方法を定着させ、
なんとかやってこれましたね~。

お風呂も赤ちゃんの時が一番大変ですし心配も多いですが、
子供の成長と共に毎年状況は変わってきますからね。

今年の冬を乗り越えればあとはそれほど心配する事はないので、
ママ達がここでちょっとでもヒントを得て、
赤ちゃんとのお風呂の時間の負担が少しでも軽くなるといいな、
という思いでいろいろご紹介したいと思っています。

結論から言うと我が家の場合、
お風呂のせいで風邪をひいた事は一度もありませんでした。

意外と寒さに強いもんだな、と感心しましたが、
やっぱりそうじゃないデリケートな赤ちゃんももちろんいますからね、
しっかりできる対策はとりましょう。

赤ちゃんのお風呂の入れ方、ひとりで冬に入れるならこうしよう。

パパがいれば、ママが洗い終わってから赤ちゃんを連れてきてもらえたり、
温まった赤ちゃんを引きとってすぐに着替えをさせてもらえたりできますが、
一人となるとそうはいきません。

いろんなところで赤ちゃんを待たせる時間が出てきます。

要はその時にいかに赤ちゃんを寒さから守るかという事がポイント。

■準備段階

ここでは赤ちゃんの服を脱がせるのを自分のあとにします。

たとえばバスチェアをお風呂場で使用するなら、
一枚だけ肌着を着せたままお風呂内に連れて行きましょう。

濡れると余計に寒くなってしまうので、
洗うのはママの後にした方が良いですね。

ママが洗っている水しぶきで濡れてしまわないように
肌着の上にバスタオルなどでガードしてあげても。

もしバスチェアを使用しないなどで赤ちゃんを脱衣所で待たせる場合は、
可能であれば小さく安全なヒーターを用意して暖めてあげれば
それほどそこでの寒さは心配しなくて大丈夫でしょう。

そうでない場合、赤ちゃんを肌着だけにしてクーファンなどに寝かせるなどして、
バスタオルで包んで待っていてもらいましょう。

その時は少し戸を開けて、赤ちゃんにママが見えるようにしておくと
落ち着いて待っていてくれやすいようです。

■湯船から上がってから着替えるまで

やっぱりママが体を拭く時間などの待ち時間が出てきてしまいますからね、
そこは時間短縮でバスローブを活用して解決です。

ママも寒さから守られるので、一枚あるといいと思いますよ。

あらかじめ脱衣所に赤ちゃんを一時的に置く場所を確保しておきましょう。

湯船から上がったらすぐに赤ちゃんをバスタオルやバスポンチョで包んであげ、
ママがバスローブを着ている間は先ほどのクーファンなどに置いておきましょう。

我が家では特にそういったものは用意はせずに
初めのうちはハイローチェアを移動させて脱衣所で使っていましたが、
そのうち面倒くさくなって床にバスタオルを何枚か重ねた状態の上に置いていました。

その後はしっかり暖かくしておいたリビングなどで
落ち着いてローションを塗ったり服を着させてあげて下さいね。

暖かい部屋とは言え、やっぱりできるだけ早く服を着るに越したことはありませんので、
お風呂に入る前に「おむつ」「着替え」「保湿ローション」など
必要なものは取りに行ったりしなくても良いように
事前に全てスタンバイさせておきましょうね。

もちろんママの着替えも忘れずに!

ストレスをできるだけ少なくお風呂に入れる為に私が使ったアイテムは、

○ママ用バスローブ
○赤ちゃん用バスポンチョ(暖かいように厚手にしました)
○バスチェア(3段階に角度が調整できます)

実は赤ちゃんを湯船に浮かべておけるという『スイマーバ』も購入したのですが、
うちの子は初めのうちは浮いていてかわいいなぁと見ていたのものの、
段々と穴から抜け落ちそうになってきて焦りました。
完全に外れると危険だし、ずれてきている段階で口元に浮き輪があたって
可哀そうだったので3回くらい試しましたが結局やめました。

あれも賛否両論あって、うまく使えてる人はいいんでしょうが
うちでは危ないなぁと感じてしまいました。。。。

スポンサードリンク

赤ちゃんをお風呂に入れる時のコツ

赤ちゃんの性格にもよるので子育ての諸々については
こうすれば絶対うまくいくよ!とは言えないものですが、
いろいろ合うか合わないかは試してみないと始まりませんからね、
ダメもとでいろいろ試してみてくださいね。

ここで赤ちゃんをお風呂に入れる時のコツをまとめてご紹介したいと思います。

・お風呂上がりに服を着る部屋を充分に温めておく。

・必要な物(パジャマなど)は全て出しておく。

・可能であれば脱衣所、浴室を暖めておく。

・脱衣所に赤ちゃんを置く場所を確保しておく。

・脱衣所で使うバスローブやバスポンチョ、バスタオルなども
あらかじめすぐに取れる場所に置いておく。

・メイクはお風呂に入る前に洗面所で落としておく。

・赤ちゃんが泣いたりして大変な時はシャンプーも洗面台で済ませて、
赤ちゃんとの入浴では体を洗うだけで良いようにしておく。

・浴室に赤ちゃんを連れてくる時は肌着を付けたままで、
特に寒そうであれば洗う時も肌着の下に手を入れて洗えば良いので、
着せたままにして湯船の中でも温まるまでそのままにしてあげましょう。

・体を洗う時はママのひざに寝転ばせて、
ママの体と一体になったように一緒に洗ってしまう。

・お風呂の時間は冷え込む夜ではなく、お昼に入っても大丈夫です。

毎日ルーティンを決めて同じようにこなしていくと、
そのうち慣れてそれほど苦ではなくなってくるものですので、
最初の辛い時期をがんばって乗り越えましょう。

まとめ

冬の寒い時期は長くて4、5カ月です。
そう考えればこんなに大変な時期はそれほど長くはありません。

また、赤ちゃんのことばかりでママが風邪をひいてしまっても
今の時期寝込む事もできませんし大変辛いですよね。

普段から自分の事は二の次三の次でがんばってるのです。
しっかり暖かいご褒美バスローブ、買ってみるのはおすすめですよ。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする